通信制高校と入学時期

2014年1月8日 7:28 PM | 通信制高校

通信制高校では全日制の高校で多く見られる「学年制」ではなく、大学や海外の学校等で用いられている「単位制」が採用されています。その為入学時期も一般的な「4月入学」の他に「9月入学」という選択肢が存在します。


通信制高校と9月入学

通信制高校は前述のような単位制の場合、基本的には3年以上の在学期間と全74単位の取得をもって卒業となります。この単位は基本的に半年単位で履修から取得を繰り返す為9月入学だから授業が途中から、といった事は普通ありません。また3年以上の在学期間とありますが、過去にあるいは現在全日制に通っていて通信制高校に転入する場合全日制に通っていた年数が考慮され必要年数や単位数が少なる場合もあります。


編入?転入?

もちろん通信制高校は4月と9月の「入学」以外に何時でも「編入」や「転入」が可能となっています。一般的に編入という言葉が使われるのは、通信制を希望する方が現在中退などを理由に学校に通っていない場合を指すようです。また転入という言葉が用いられるのは現在全日制や定時制、別の通信制など何らかの学校に通っている状態の方の参入を示すそうです。通信制高校では全日制と比較してこういった編入や転入も比較的に融通が効きやすいとされており、あまり転校の時期を選ばないのも魅力も一つです。